商標登録関連ニュース

商標登録の基本

商標とは、商品名やブランド名、会社名や店舗名などで、自社商品と他社商品を区別するための目印となるものを言います。
商標登録の基本ですが、特許庁に出願し登録することで独占して使用できる権利を得られます。特許庁の審査があり、審査に受かるまでは登録することはできません。
過去に登録してある商標は膨大な数なので、類似のものがすでに登録されている可能性があるからです。
商標登録をせずに商品名や会社名を使用していると、他社の商標権侵害に該当してしまうおそれがあります。訴えられれば、商品名や会社名を変えなければならなくなる可能性があります。
たびたびニュースで、「マークがよく似ている」などという理由で訴訟になるケースが報道されています。商標権の権利期間ですが、登録してから10年間となりますが、何度でも更新できます。
登録できる商標は文字だけではなく、文字を図案化したロゴやマークのようなもの、記号や図形、文字と図形の組合せなどさまざまです。

商標登録関連ニュース

時折世の中の出来事やニュースが根源となっていわゆる流行語が出回ります。
覚えやすく親しみやすいフレーズが多い事から誰もがつい口に出して発言したくなるものですが、実はこうしたフレーズが商標登録を侵害しているとして問題になっており関係機関が自身とは関係が無い事柄を出願しないようにしてほしいと報知しています。
たとえ本人とは直接的に関係性が無い言葉などが商標登録に出願されても認められる事は無いものの、元来関係のある方がトラブルを避ける目的で断念してしまう可能性があるのです。
このように商標登録という仕組み自体を覆してしまうような行為が多く見受けられるようになってきているため、関係機関は異例とも呼べる呼びかけ活動を行っています。
当然、争った場合却下されるので当事者が商標登録の権限を持つ事になるのですが、手続き上一筋縄ではいかない事もあることから個人的に調査して既に登録されている事が判明したら泣き寝入りしてしまうのです。

check

Last update:2017/1/12