企業が行った商標登録

企業がおこなった商標登録まとめについて

自分たちが生み出したロゴやフレーズ、名前を自分たちだけのものにすることを商標登録と呼びます。
関係する機関に申請する事で審査が開始され、審査に合格した場合は商標登録されます。
当然、自分たちのみが使用可能になることから他の業者や他人が同一のフレーズやロゴ、名前を使用した場合は警告することが可能です。警告してもやめない場合は関係機関に連絡しやめるように説得してもらえます。
個人はもちろんですが、多くの研究費や開発費などをかけて生み出した製品を守る目的で企業が商標登録を行う事が多いです。
しかし、企業とは言っても手続きを完了させるためには負担が大きいため、手間になってしまうというのが実情でした。
しかし、こうした手間によって躊躇している間に他の団体に商標登録されてしまうという事態が相次いだため、これまでよりも登録しやすく改正する動きが活発化してきています。
そのため、今後はますます企業のアイディアを保護することができるようになります。

企業が商標登録をするときの注意点

企業は自社に於いて開発した商品の名前やブランド名、およびシンボルマークなどを他社に利用されないようにしたり、また商品価値を高めるために商標登録をすることが良くあります。
しかし、商標はその名称や図柄などが独自のものであることを認定するとともに他社が類似商品を発表する事を防ぐ意味では非常に有効と言えるものです。
但し、商標登録をする際の注意点が有ります。それは事前に同じ若しくは類似の商標が登録されていないかどうかをしっかりと確認する事です。
商標登録は先願性と言われる、先の登録申請した方が登録されるという原則が有るため、世の中に商品として発表されていなくても商標として登録されている可能性が多いのです。
また十分に調査をせずに商品を発売したり、デザインを利用した場合には相手側から商標権の侵害として訴えられる場合があり、敗訴した場合には商標の使用料の支払いや、使用の差し止めなどを言い渡されるケースも有るので注意が必要です。

pickup

不動産の経営を学ぶ

2017/7/27 更新